2012年07月28日

鳥人間コンテストを見てきました

 読売テレビ系列で年に一度、放送されている「鳥人間コンテスト」。
 2012年は7月28日・29日の2日間、滋賀県彦根市の松原水泳場で開催されました。

 関西圏のイベントなので、一度は見てみようと思っていたのですが、7月下旬から8月上旬の間に設定される開催日は、天文系の行事と重なることが多く、なかなか機会がありませんでした。
 塩屋から5時台の電車に乗って、彦根に着いたのは8時過ぎ。大会ウェブサイトにはフライト時間は掲載されていないのですが、twitterで7時半に競技が始まったことを知ります。駅から会場まで3kmほど。歩くつもりでしたが、タクシーを拾って先を急ぎます。
# 1日目が7時半、2日目が6時スタート。神戸から始発で出ても間に合いません。最初から観るなら前泊必須。

 初日に開催されるのは「人力プロペラ機タイムトライアル部門」と「滑空機部門」。私が着いたのはタイムトライアル7チームのうち3チームが飛んだところでした。
 タイムトライアルは、プラットホーム(離陸台)から沖合500mに設置したポイントまで飛んで、折り返してゴールまで戻ってくるまでの所要時間を競う競技です。テレビでの花形は距離を競う「ディスタンス部門」ですが、タイムトライアルは機体の操縦性、パイロットも体力に加えて腕を問われる複合的な競技。
 湖岸から全行程が見えるのも、見学者には嬉しいところ。

 人力飛行機が飛ぶ姿をはじめてみましたが、これは美しくて、そして格好いいです。大きくしなった細長い主翼。重量を削るのに極限まで軽量化して、着水すると壊れてしまうくらいに繊細で、けれども計算された美しさと機体からにじみ出る手作りテイストの絶妙なハーモニー。
 水面が近づいてあわやと思う瞬間に、パイロットが気合を入れたのか、ふわっと高度が上がったり、あるいはそのまま力尽きてしまったり。知らずと手に汗握り、一機一機の動向に一喜一憂。

※ここまでの写真はクリックで拡大します。
 豪快な着水もあります。ああ〜っと悲鳴を上げている間に終わってしまう感じ。滑空機部門だと、ほとんどダイブするように直下に落ちていく機体もあります。
 観ていると、どの機体も、遠くまで飛んで欲しいと願うものです。
 
 テレビではあまり映りませんが、着水した機体はモーターボートで曳航して回収されます。主翼は発泡スチロールやバルサ材のようで、着水時に一部破損することが多いのですが、バラバラになるほど壊れる機体はほとんどありません。
 当然ながら、前の機体の回収が終わらないと次の機体が飛べないので、フライトの間はかなり間があきます。また風の条件が整うのを待ったり、芸能人や注目チームのフライトでは、インタビューが長引くこともあります。待ち時間はだいたい20〜30分、長い時は1時間近く間があきます。待ちきれずに「帰ろ〜」と駄々をこねる子どもの姿も。

 会場の気温は午前中に30度を超え、昼には35度に達しました。暑さに注意をうながすアナウンスが頻繁に流れ、私もそれなりに対策は取っていたつもりでしたが、我慢できずに最後まで見ずに撤退。いい場面を見逃したのですが、体が限界でした。
# 私の経験上、まだ夏の高校野球の甲子園球場のほうがマシです。甲子園はスタンド下で涼めますから。

 こちらはプラットホームと呼ばれる離陸台。湖岸から数百m離れたところに組まれています。横から見ると航空母艦の艦首のような形です。
 人力プロペラ機なら平らな場所からでも滑走して離陸できるはずですが、もともと滑空機のコンテストとして始まり、今でも滑空機のエントリーが一番多い歴史を継いでいるのでしょう。

 放送席の脇に仮設のメインスタンドが組まれています。スタンドの右手には液晶モニタがあり、こちらに中継映像や記録の数字が映されます。
 このスタンド、床は金属むき出しなので、照り返しで強烈に熱いのです。10分くらい滞在していたのですが、すぐに限界が来て退散しました。
 スタンドの西側にテトラポットの並ぶ護岸があり、そこが観戦スポットになっているようです。離陸からしばらくのあいだのフライトを真横から見ることができるので、詳しい人がたくさん来ている雰囲気。
 またプラットホームのある南北の砂浜に沿って松林があり、こちらは木陰になるので、地元の人や家族連れがのんびり観戦しています。波打ち際はフライト前の機体の控え所にもなっているので、そこだけはピリピリした雰囲気が漂っています。見るからに華奢な機体なので、脇を通るのもはばかられる感じ。

 そんなこんなの周囲の雰囲気を含めて、楽しいイベントでした。
 放送は2012年8月27日(月)とのことです。お楽しみに!
posted by ふくだ at 23:45| Comment(6) | 雑記録
この記事へのコメント
いいなあ〜。
一度は見てみたい。
しかし、そんなに苛酷な観戦なのか(笑)
Posted by あぴ at 2012年07月31日 12:33
うぉぉぉぉ〜!

ちょー羨ましい・・・・・
TVの様に画角は変わりませんが、我々には双眼鏡や望遠鏡がありますからねぇ〜(^。^)。

今年は研磨講習会にも参加出来ずで、土曜日に冷やかしだけ行ってきました。
Posted by Terry at 2012年07月31日 23:31
名古屋にて
ttp://www.japanaerospace.jp/index.html
Posted by けろ at 2012年07月31日 23:48
あぴさん>

面白いですよ〜。
でも日焼け止めと影を作れるものの用意は必須。
適度の休憩も必須。
曇っていたらまた違うかもしれませんけれども。
Posted by ふくだ at 2012年08月02日 23:36
Terryさん>
ディスタンス部門以外なら肉眼でも大丈夫ですが、双眼鏡があったほうが楽しめます(もちろん持って行きました)。
ちなみに望遠の写真は、ミニボーグ60EDに1.4倍テレコン付けた一眼デジで撮っています。歩留まりは悪いですが、MFでもなんとかなるものです。
Posted by ふくだ at 2012年08月03日 00:38
けろさん>

2012年国際航空宇宙展ですね。
http://www.japanaerospace.jp/index.html

神戸空港とポーアイの国際展示場を使えば神戸でも開催できるような気がします。
でも日本の航空宇宙産業は、やはり中京地区が中心なのでしょうか。
Posted by ふくだ at 2012年08月03日 00:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。