2020年01月24日

「麒麟がくる」 第一話

 「麒麟がくる」 第一話録画視聴。
 吉田鋼太郎の松永久秀がよい。奸雄のイメージが強い人物ですが、迫力も貫禄も十分な現実主義者でちょっとコミカル風味。この久秀が実力主義の道三を評価して、美濃を好きだというのがいい。堺での別れ際も爽やかで好きになっちゃいそうです。

 三淵藤英は知らない人物ですが、幕府の奉公衆ですし、谷原章介をあてるからにはそれなりの重要人物になるはず。むしろ知らない人物にスポットが当たるのは面白い。

 光秀との関わりが深くなる斎藤道三(利正)。一代で美濃を乗っ取ったと人物とされてきましたが、近年の研究では美濃乗っ取りは父子二代に渡っての事業とされていて、それも劇中の台詞に反映されています。初回はがめついだけの人のように描かれていますが、元は京の油売りの家ですから、それもまたあり。戦国武将としての本領は次回以降じっくり描いていくのでしょう。

 斎藤義龍は織田信長視点からは悪役になりがちな人物ですが、伊藤英明を持ってきたからには小悪党には終わらないはず。実際、生前は美濃侵攻を企む信長の前に幾度となく立ちふさがって苦汁を飲ませ続けた実績があり、道三との確執をどう描くかも期待が持てそうです。

 織田信長は染谷将太。チラ見だと優男ぽいのですが、どうなるんだろう。光秀よりはずいぶん年下なので、化けていく過程を楽しむことになるのでしょうか。

 明智光秀は前半生が分からない人ですが、第一話はつかみとしては及第点。
 斎藤道三と織田信長のいわば「国盗り物語」に寄り添う話になるはずなので、安心感を持って見ていられそうです。

 一方、画面の派手さには目を疑いました。空の色も草の色も彩度を最大限に振り切ったような色の濃さ。そして登場人物の衣装の派手なこと。主要人物より民衆の衣装のほうが鮮やかなくらいで、あの時代の庶民の麻の服ってあれほど鮮やかに染まるのか。洗濯だってままならない時代に鮮やかさが保てるのか。もしや『平清盛』で「画面が汚い」といわれた反動なのでしょうか。
 大河ドラマも「劇」ですから、演出の意図でああしているなら、止めはしません。話が面白ければいいのです。でも彩度はもう少し調整してほしいなあ(ぼそ)
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 読書録・映画録

2020年01月23日

花北観望会(2020年1月)

20200123hanakita.jpg 久しぶりに参加した花北観望会。
 残念ながら天気は曇り。天気予報どおりといえばそうですが、神戸を出るときには雲間から青空も見えていたので、少しばかり期待していました。世の中ままならぬもの。
 ということで、曇天プログラム。井上さんの2020年の天文現象とベテルギウスのお話。参加人数は少なめでしたが(そりゃ天気が天気ですし)、2月のタイの星空など多彩な話に花が咲きました。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 花北観望会

2020年01月11日

環天頂アーク

20200111_arc02_s.jpg
 飛行機雲がたくさん出ているので空をよく見たら、きれいな筋状の雲がかかっていました。写真を撮ろうとして、環天頂アークが見えていることに気が付きました。
 上の写真で画面上方にうっすら虹のようなものが見えているのが環天頂アークです。
 画面下の太陽を取り囲むように出ているのは内暈。こちらも虹状に色がついていますが、内側が赤で通常の虹とは色の順番が逆。

20200111_arc01_s.jpg こちらは環天頂アークの拡大。肉眼ではもう少しくっきり見えていたのですが、iPhoneSEのカメラではこんなもの。彩度をこれ以上上げるとかえって嘘っぽい写真になってしまいます。一枚目の写真も空は本当は青空なのです。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 星空観望

2020年01月03日

葛飾区郷土と天文の博物館

20200103katsushika.jpg
 2020年のプラネタリウム初めは葛飾区郷土と天文の博物館。
 16時からの上映は「シンフォニー・オブ・ユニバース 第3番」。探査機による太陽系探査にスポットを当てた内容で、デジタルプラネタリウムを突き詰めたキレッキレの演出。
 冒頭のフィンランディアに合わせて太陽系をグワーン、クィッと振り回しまくる場面で、「何だこれ!?」とビビりました。リアルタイムで走らせてるとは思いませんよ、あれは。 宇宙/星空と音楽を合わせるプラネタリウムは多々ありますが、だいたいはヒーリングプログラムの枠なので、葛飾のぶっ飛び具合は群を抜いています。

 正月3日ということで、公共施設のプラネタリウムは軒並みお休み中。そんな事情もあってか、数少ない開館中の葛飾には、示し合わせたわけでもないのに見知った顔のお客さんがたくさんいて、投影終了後はそのまま新年会と相成ったのでした。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | プラネ/天文台/科学館

箱根駅伝観戦2020

20200103hakone01.jpg20200103hakone02.jpg
 久しぶりに箱根駅伝を観戦してきました。茨城から神戸に戻るときに、時間をうまく合わせると、東京近辺で帰路のランナーを迎えることができるのです。
 東京駅から近い場所で馬場先門の交差点。広い道路でコースが曲がるポイントなので、比較的長い時間、ランナーの姿を見ることが出来ます。ただ中継映像では引いた絵になることが多いので、TVに写りたいという動機では不向きの場所。

 2020年は往路復路とも区間新記録連発の高速レース。チームの総合力の差が出やすい展開ながら、復路の戸塚中継所(8→9区)までは全チームが襷をつなぎました。鶴見中継所(9→10区)では3校が繰り上げとなりましたが、むしろそこまでよくぞ食いついていったものです。

 馬場先門で印象に残ったのは7・8位を争った早稲田と駒沢。選手も肩が触れんばかりのデッドヒートでしたが、交差点を曲がる運営管理車も先を争うように交差点に進入し、インを奪い合う白熱のハンドルさばきでした(笑)。

 写真は参加校として最後に通過した筑波大学の児玉選手。国立大学として実に26年ぶりの出場。筑波大は東京高等師範学校時代の第1回大会に優勝しており、1980年代まではほぼ毎回出場の常連でしたが(体育の学部ありますし)、箱根駅伝の全国中継が始まって以降はしばらく遠ざかっていました。

 もう一枚は関東学生連合の東京大学の阿部選手。学生連合は予選会を通過できなかった大学の選手の連合チームで、記録は参考扱いですが、こういう機会を設けるのはいいなあと思うのです。

 沿道にいると目の前の状況しか分からないので、ラジオの中継を並行して聞いていましたが、全チームとも無事に大手町にゴールしたとのことで、なによりでした。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 雑記録

2020年01月02日

茨城県自然博物館

20200102ibarakishizenhaku04.jpg
 2020年の博物館初めは茨城県自然博物館。
 駐車場が満車で、びっくりするくらいの盛況ぶり。もっとも広い施設なので、中は人であふれることはないのですが、せっかくの正月開館、賑わいがあるのは何よりです。

 企画展は「宮沢賢治と自然の世界 ―石・星・命をめぐる旅―」。
 文学者として知られている宮沢賢治ですが、生前は営農指導を目的とした地質学での活動が多い人です。

 宮沢賢治の作品、それほど読んだことないのです、実は。
 星好きには『銀河鉄道の夜』のおかげで好感度がとても高い人ですが、他に読んだものといえば、教科書に載っていた『注文の多い料理店』と『永訣の朝』。『雨ニモマケズ』も教科書に載っていたか。あとは『グスコーブドリの伝記』と『セロ弾きのゴーシュ』『貝の火』『よだかの星』くらい。それでも学術に足を踏み込んだ形で自然の世界を盛り込んだ作品群に、どことなく親近感を覚えるのかもしれません。

20200102ibarakishizenhaku05.jpg20200102ibarakishizenhaku08.jpg
 『気のいい火山弾』という短編に出てくる火山弾。火山弾に気のいい奴がいるというセンスに脱帽するしかありません。

20200102ibarakishizenhaku06.jpg そして、こ、このクリームはヤバい奴です。 おちゃめな展示があるのは素敵。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | プラネ/天文台/科学館

2019年12月31日

過去記事index

観測所雑記帳
2019年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2008年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2007年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2006年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2005年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2004年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2003年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2002年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2001年|1月|2月|3月|4月|5月|6月|7月|8月9月10月11月12月

twitter/kazufukuda
 2009年9月から運用しているツイッターアカウント@kazufukudaのログです。twilogにリンクしています。
2019年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2018年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2017年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2016年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2015年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2014年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2013年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2012年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2011年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2010年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2009年|1月|2月|3月|4月|5月|6月|7月|8月|9月10月11月12月

塩屋天体観測所・掲示板
 2002年10月から2008年9月末まで運営していた塩屋天体観測所・掲示板の過去ログです(一部ログ録り忘れで欠損があります)。
2008年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月|10月|11月|12月
2007年|1月|2月3月|4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2006年|1月|2月3月|4月5月|6月7月|8月9月|10月11月|12月
2005年|1月2月3月4月|5月6月7月|8月9月|10月11月|12月
2004年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2003年|1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2002年|1月|2月|3月|4月|5月|6月|7月|8月|9月|10月11月12月
posted by ふくだ at 23:59| Comment(0) | 過去記事index

プラネタリウム訪問リスト2019

20190801kochi145.jpg これまでに訪問したプラネタリウムをまとめました。累計で95館です(休止・閉館したものも含む)。
 2019年度の初訪問は、コニカミノルタプラネタリアTOKYO、あすたむらんど徳島プラネタリウム高知みらい科学館高崎市少年科学館プラネタリウムの4館。

 掲載館は「プラネタリウムデータブック2015年度版」(日本プラネタリウム協議会)のリストを元にしており、掲載順も準じています。

 表記は下記の通りです。
・館名(ドーム径座席形式/投影機システム)初回訪問日
・☆は投影を見た投影機。
・初回訪問日は分かる限り記していますが、思い出せないものも少し残っています。
・[Z機巡り]は全国カールツァイス・プラネタリウム巡り(2013.4〜2014.4)の参加館。7/7(2013.10.9達成)。
・[プラレア33]は全国プラ「レア」リウム33箇所巡り(2015.5〜2018.7)の参加館。33/33(2018.5.5達成)。

続きを読む
posted by ふくだ at 23:48| Comment(0) | プラネ/天文台/科学館

お城訪問リスト2019

20190825hachigata_takasaki049.jpg これまで巡ったお城のリスト、2019年版です。
 累計が168城。実際はもっと回っていますが、記憶が怪しいところは外しています。デジカメ以降は撮影データから訪問年月日が分かるので便利になったものです。

 いわゆる城郭だけでなく、江戸時代の陣屋、近代の要塞施設まで、防御施設全般を含めています。また総構えに入っただけのものは含めず、本城域内に入ったものは主郭に至らずとも数えています。

 日本100名城のスタンプラリーは参加していませんが、該当する城郭はカウントしました。100名城は有名どころが多いので半分を越えていますが、続100名城となると多少マニアックな選定もあり、まだまだです。


総計:168
日本100名城:53/100
続日本100名城:19/100
現存12天守:7/12(うち国宝5城:4/5)

続きを読む
posted by ふくだ at 23:47| Comment(0) | お城

乗りつぶしオンライン2019

20191231noritsubushi_jr.png
 これまでに乗った鉄道を表示してくれる乗りつぶしオンラインというサイトがあります。
 2008年頃から記録をつけているのですが、2019年末までの乗車分を更新しました。
 2019年は津山の旅行で姫新線に乗ったのと、高知の帰路で土讃線に乗ったので、ちょこっと記録が伸びました。2008年では12113.0km、61.039%だったのが12813.0km、65.288%となり、地道に積み上げています。
 とはいえ、乗りつぶしのためだけに旅行に出る気力はもはやありませんし、最近は飛行機を使うのに抵抗がなくなってしまったので、もうダメです。社会人になると限られた休みをいかに有効活用するかで日程を組むので、場合によってはレンタカーを借りることも辞さない構え。18きっぷばかり使っていた学生時代が懐かしい。

会社 営業キロ 乗車キロ 未乗キロ 乗車率
JR北海道 2448.1 747.0 1701.1 30.513%
JR東日本 7191.1 4712.0 2479.1 65.525%
JR東海 1970.8 1833.1 137.7 93.013%
JR西日本 4887.3 3265.9 1621.4 66.824%
JR四国 855.2 477.0 378.2 55.776%
JR九州 2273.0 1778.0 495.0 78.223%
6社合計 19625.5 12813.0 6812.5 65.288%
続きを読む
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 地図と地理と遠出