2018年07月09日

Sky-Watcher DOB 8" 2ndライト(7月9日)

 今回は横着せずに玄関の外に出しました。
 20cm鏡での土星は、眼視だとカッシーニの間隙が余裕で全周見えてます。衛星もたくさん見えます。予想以上の見え具合にちょっとびっくり。
 日本にドブソニアンが入ってきたのは前回のハレー彗星の回帰前後だったと思いますが、当時は低倍率での星雲星団観望用という印象が強いものでした。フリーストップの架台で高倍率で惑星観望をする発想がなかったのかもしれませんが、意外に手動での追尾も何とかなるものです。
# さすがに写真は厳しいですけど。

 M57はやっとこリングが分かる程度。高倍率に耐える惑星状星雲とはいえ、神戸の空ではコントラストが今ひとつ。これは空の暗い場所で見たい天体。

 アルビレオは背景に微光星がいっぱいで見事。街中観望でも口径が大きいのは素敵です。

 火星むちゃくちゃ明るい。シーイングもまともですが、模様らしい模様は見えず、極冠だけかろうじて判別できる程度。砂嵐がまだ収まっていないのでしょう。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 星空観望

2018年07月08日

Sky-Watcher DOB 8" ファーストライト(7月8日)

 ファーストライト。横着して室内から窓枠越し(もちろん窓は開けてます)。
 火星を見ました。気流が悪くて輪郭がボヨボヨでしたが、シーイングが悪いのか主鏡が温度順応出来てないのか分かりません。
 さすがに最接近まで一ヶ月を切ると大きく見えます。
 恒星像の焦点内外像を見る限り、光軸は問題ない様子で何より。

 接眼レンズはペンタックスXL10.5mmを使いましたが、これだとトップヘビー気味になります。
 上下動はフリクションの調節が出来るとはいえ、もう少しお尻重くなってほしい。トップリングに副鏡と接眼部とファインダーが付いているので、主鏡の重さに勝ってしまうのでしょう。25cmモデルなら主鏡側のほうが重くなるのではないかと思います。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 機材

2018年07月07日

Sky-Watcher DOB 8" Collapsible

 最近いろいろ機材の買い物をしている気がしますが、実は望遠鏡を買うのは5年ぶりです。
# 前回は2013年5月にBORG77EDIIの対物レンズのみを購入。

 この一年ほどは月に一度ほど遠征して天体写真を撮っていますが、撮影中は追尾も赤道儀任せ、シャッターをきるのもインターバルタイマー任せということで、たっぷり星を見ています。
 ただメインの鏡筒のBORG77EDIIもminiBORG60EDIIも撮影用にパーツを組んでいます。カメラのボディと接眼レンズは必要な鏡筒長が違うので、眼視に使うにはパーツを組み替える必要があり、ちょっと面倒。なのでもっぱら肉眼と双眼鏡で空を眺めてきました。

 せっかく暗い空の下なので観望用の望遠鏡があるといいなと思い、休眠中のMT-130を再整備することを考えたのですが、この鏡筒は脚がない状態。自作でドブソニアン仕立ての架台を作ろうと思いながら時間が取れずに今に至ります。

 いっそ市販のドブソニアンでいいかと思って選んだのが、Sky-Watcher DOB 8" Collapsible。国内だとシュミット扱いで「Sky-Watcher ドブソニアン望遠鏡 DOB8(S)」の名前で出ています。

 ドブソニアン望遠鏡は30cm級が主戦場(個人の印象です)で、口径20cmは小型の部類。
 ただし鏡筒の体積は口径の3乗で効いてくるので、30cm級となると自宅での保管場所に困りますし、自動車に積んでも後部座席をまるまる占拠することになります。重量を考えると笠井トレーディングのNinja-320が現実的な選択肢ですが、値段もそれなり(というか完全に予算オーバー)で受注生産で納期も未定。

 市販品で安価なのがSky-Watcher社のドブソニアン。Sky-Watcherはかつての天文雑誌ではなく、中国の天体望遠鏡メーカー。最近は安価な自動導入の赤道儀で存在感を増しています。
 同社のドブソニアンのエントリークラスは、鏡筒が伸縮可能な「Collapsible」と、より安価で鏡筒が普通の筒の「Traditional」(日本名はクラシック)があります。光軸の安定性を考えれば可動部は少ない方がよいのですが、少しでも体積を節約したいので「Collapsible」を選びました。
 伸縮タイプは実際に西宮ガーデンズの観望会で実機を見たことがあり、使用上の不安が少ないのも判断材料でした。
 しかし観望専用といえ、20cm反射が4〜5万円台で買えるのは、昔の望遠鏡の値段を知っていると安くて不安になるくらいです。アイベルの20cmドブのキットが5万円半ばだったか。これでも今は円安なので、一時はもっと安かったのです。

 さて「Collapsible」と「Traditional」は架台の構造が同じ。そして「Traditional」は以前に国際光器で扱っていた「WHITEY DOB」と同じものです。実は25cmのWHITEY DOBを明石市立天文科学館で使っており、架台の使い勝手は経験済み。

 あとは口径20cmと25cmの差で、両者とも焦点距離は同じで重さ以外は大差ないのですが、ここは悩んで20cmを選択。実際に届いてみると20cmでも室内での存在感は圧倒的。我が家は玄関が手狭なので、無難な選択をして正解でした。
# シュミットで25cmの筒だけ売っていて魅力的だったのですが、架台を工作する時間はないだろうなと。

 自動導入と手動導入については、選択の余地なく手動導入。主に予算の都合ですが、自動導入だと別途バッテリーを用意せねばなりません。将来的に架台だけ換装もできるのでここは安く軽くを採ります。


続きを読む
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 機材

2018年07月01日

CANP2018(6月30日〜7月1日)

 西はりま天文台で開催された「CANP2018」に参加してきました。
 CAN(CCD Astronomy Network)のイベントで、Pは"Party"。1泊2日でデジタル天体写真のあれやこれやを語り合います。
 初回が1997年といいますから、歴史の長い集まりで(アマチュア天文の世界に冷却CCDが入ってきたのが'90年代前半)、今では撮像素子もCMOSやデジタルカメラまで広がっていますが、熱心な写真派のハイアマチュアが集まることには変わりありません。

 私も星見歴は長いとはいえ、天体写真となるとひよっこの部類です。今回は地元の開催ということで、少々背伸びして申し込みました。

 初日の13時半から17時まで、2日目も9時から12時までひたすら発表が続く中身の濃さ。加えて夜の部もあるわけです。
 が、発表者の皆さん、笑いを取りに来る方ばかりで、たしかにハイレベルな話ではあるのですけど、ぜんぜん堅苦しくありません。参加者名簿もどこかで名前を見たことがある大ベテランの方々が名を連ねているので、道を極めた修行者のような人が集まってくるのかと思いきや、みなさんフレンドリーな方ばかり。

 テーマは「天体写真の基本再確認」ということだったのですが、しかし「基本」のレベル設定が普段の私のはるか上。
 発表は面白かったのですが、内容は片っ端から右の耳から左の耳に抜けていないか私。

 そんな中でも面白かったのは、みなさんの試行錯誤の取り組み。ガイドミスを防ぐためにガイド鏡をどこに付けたらいいのかとか、AOは役に立っているのか否かとか、実践からフィードバックして次のチャレンジに繋げていかれる様子はすごいなーと思うと同時に、それを共有してみんなで前へ進んでいかんとする心意気で、すばらしいです。

 私の天体写真といえば一年かけて「大失敗はしなくなった」レベルなので、「よりよくする」ためにどんなことに取り組んだらよいのか、山ほど指針を頂いて帰ってきました。多くの枚数をコンポジットするとかダーク補正とかフラット補正とか、手順としては知っていたけど、何のためにやるのかをようやく理解したというところ。

 次の撮影の機会がますます楽しみになりました。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 星空観望

2018年06月27日

はやぶさ2、小惑星リュウグウに到着

 小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星リュウグウに到着しました。
 到着といっても着陸したわけではなく、リュウグウの上空20kmの地点。まずはここから探査が始まります。

トラブルまみれの先代「はやぶさ」
 大成功した先代の「はやぶさ」ですが、実際は幾多のトラブルを抱えていました。
 目的地の小惑星イトカワに着くまでに、
・太陽電池が太陽フレアの影響で劣化。発電量が低下し、イオンエンジンの出力も落ち、小惑星到着が遅れる。
・探査機の姿勢を制御するリアクションホイールが3つのうち1つ故障。化学スラスタを併用しての姿勢制御を強いられる。

 イトカワに着いてからも、
・リアクションホイールがもう一つ故障。
・ローバー「ミネルバ」の小惑星到達に失敗。
・最初のタッチダウンは「不時着」。
・二度目のタッチダウン時にサンプラーの弾丸発射失敗→採取サンプルが少量にとどまる。
・二度目のタッチダウン後に化学スラスタ全損、燃料漏洩→姿勢制御しきれず通信途絶。

 帰還運用時に
・イオンエンジン劣化で停止→クロス運転で乗り切って地球帰還。

 ということで、満身創痍としか言いようのない状態で、よくぞ小惑星のサンプルを拾って帰ってきたものです。

探査の本番「はやぶさ2」
 小惑星探査機とよばれる「はやぶさ」ですが、もともとは工学実験衛星として打ち上げられました。小惑星へ行って帰ってくる技術の取得が目的であり、失敗もまた貴重な経験値であったと言えます。

 「はやぶさ2」は今度こそ正真正銘、小惑星を探査する目的で作られた小惑星探査機です。
 「はやぶさ」で出来たことは当たり前に成し遂げて、科学的成果を上げねばなりません。
# たった一度出来ただけのことを「当たり前」にするのは実は大変なのですが……

 とにかく「はやぶさ2」は、これまでのところ大きなトラブルもなく目的地に到着しました。
 先代のトラブルのうち太陽フレアは避けられるものではありませんが、リアクションホイールは故障の原因も突き止められ、今回は数も増やして搭載され、無事に動作しています。
 無事に目的地に着いたことで、まずは第1段階のクリアです。

 すでにリュウグウの写真は何枚も公開されていますが、またしても面白い形をしています。ちまたではスター・ウォーズに登場する宇宙要塞「デス・スター」とも、機動戦士ガンダムに登場する宇宙要塞「ソロモン」とも言われています。
 人類未踏の地に足を踏み入れるワクワク感は、すでに始まっています。

 願わくば先代以上に充実した探査を。
 個人的には先代のなし得なかったローバーの降下成功と、サンプル採取が「大漁」となりますよう。
 もちろんインパクタの成功も楽しみです。

 熱い熱い探査の季節が幕を開けました。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 宇宙開発/宇宙科学

2018年06月24日

雑貨イベント「天体観測展」

 阪急百貨店うめだ本店で6月28日まで開催中の「天体観測展」覗いてきました。
 名前こそ「天体観測」ですが、扱っているのは星や天体をモチーフとした雑貨やアクセサリー。
 
 そもそも改装後の阪急百貨店うめだ本店に足を運ぶのが初めてでしたが、イベント会場に到着すると、これまた圧倒的な女子率の高さ(男子がいないわけではない)。

 星のデザインというと、以前ならともすれば子どもっぽいデザインになりがちだったのですが、今やすっかりハイセンスなものが並ぶようになりました。もともとアクセサリーなど作っていらした方がこちらの分野に参入されるようになったとか、そんな感じなのでしょうか。

 もっとも、私がいいなーと思ったものは、雑貨類だと既に他の場所で入手していたり、今回はとりあえず目の保養ということで眺めてまいりました。

http://guignol.jp/event/2018-06tentai/
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 雑記録

大阪市立科学館プラネタリウム「眠れなくなる宇宙のはなし」

 大阪市立科学館プラネタリウム「眠れなくなる宇宙のはなし」。
 原作は天文学者の佐藤勝彦さんによる同名の本と絵本。
 大阪は基本的に解説員のお話で投影を進める事が多いのですが、今回は星空解説の後は生解説なしの全天周映像。最近の全天周映像はカッコいい映像が多いのですが、絵本をベースにしたキャラクターはカッコよさとは違ったほのぼのとした切り口。どんなものかねーと思いながら見始めたのですが、人類が少しずつ新たな宇宙の姿を描いていく様子が丁寧に描かれていました。
 30分程度の尺に収めるのは大変なはずなのにきちんとまとまるのはさすがだなーと思っていたら、なるほど脚本は高橋真理子さん(星空工房アルリシャ)。挿入歌もピタリとハマってるなと思ったら、こちらも小林真人さんの作曲(「戦場に輝くベガ」音楽担当)。
 いろんなピースがきっちりはまって、印象に残る作品でした。

https://www.youtube.com/watch?v=G5TgtWbCyT0
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | プラネ/天文台/科学館

2018年06月18日

星見行(6月16-17日)

 梅雨の晴れ間に突発的に出発。
 いつもの観測地は晴れているものの霧が深く、一時間ほど様子を見たものの回復の兆しがないため、近隣の別の場所へ移動。
 こちらは数年ぶりに足を運んだのですが、スッキリ晴れていて、移動の決断は正解でした。
# 観測地が携帯の電波が通じない場所のため、現地で情報収集できないのです。

 しかし突発的に出発しただけあって、忘れ物だらけ。
 ピント合わせのバーティノフマスクがない、オートガイダーM-GENの説明書がない、星図がない……

 ピントは一眼デジのライブビューで合わせました。D5500は拡大表示の倍率が高いので何とかなりました。旧機種のD5000の拡大率ではだめだったでしょう。

 M-GENはうろ覚えで操作したら大丈夫でした。キャリブレーション忘れそうになりましたけど。M-GENはいろいろパラメータを設定できるのですが、私は今の所、協栄産業がつけたマニュアル通りの設定で問題なく動いています。

 星図は……これはどうしようもなくて、場所を覚えている天体しかカメラを向けられませんでした。

 M16・M17。へび座の散光星雲で、上がM16「わし星雲、下がM17「オメガ星雲」。
 2018年6月17日00:25〜(兵庫県神河町)。NikonD5500+ミニボーグ60ED+1.08倍フラットナー(f=378mm,F6.3) ISO1600 露出6分×8枚合成 ビクセンAP赤道儀+M-GENにて追尾。
※クリックすると拡大画像を見ることが出来ます。

 夏の代表的な散光星雲で、40mmクラスの双眼鏡でもボーッと光る姿を見ることが出来ます。
 35mm判換算で567mmになりますが、2つの星雲を同一視野に収めるにはギリギリな感じ。

 同じ写真でM16周辺を切り出し。クリックするとピクセル等倍の元画像が開きます。
 視野の端の方ですが、星像はちゃんと点になっています。ミニボーグ60ED+1.08倍フラットナーの組み合わせ、割と優秀です。
 レベル補正とトーンカーブだけ調整しましたが、アンシャープマスクをうまく使えば暗黒星雲の縁がもっとくっきり浮き出るのでしょうか。

 同じ写真でM17周辺を切り出し。クリックするとピクセル等倍の元画像が開きます。
 オメガ星雲とは別に「白鳥星雲」の名もありますが、白鳥のほうがふさわしい気がします。

 これまでは感度をISO6400とか3200として露出2分で撮影していたのを、今回は感度をISO1600まで落として露出を6分かけ、合成枚数は8枚としました。ノイズを減らして画面のざらつきを抑えるのが狙い。概ねうまくいったと思いますが、北アメリカ星雲は10分くらい露出をかけてもよかったかもしれません。

 夏至直前で夜が短く、3時過ぎには薄明が始まります。6分✕8枚だと1対象撮影するのに48分かかるから多くの対象を狙うわけには行きません。そもそも星図を忘れたから撮る相手が限られる(^^;
 結局、いつも狙っている対象ばかり撮ってきました。

 撮影している間は暇なので、地面に敷いたマットに寝転んで、天の川を見ていました。
 この時期となると薄明前に夏の大三角が南中するので、空を二分するような豪快な天の川になります。
 写真は写真として、天の川が見えるほどの星空に逢うことができるのが、一番の楽しみです。
posted by ふくだ at 23:46| Comment(0) | 星空観望

地震

 スマホから鳴り響く緊急地震速報と同時の揺れ。震度2か3か。これが初期微動なら本番どれだけ大きいんだ?
 と身構えているうちに揺れが収まりました。とりあえず身内に「無事」の一報をメール送信。

 大げさな速報だったかな、とテレビを点けると「大阪府北部 震度6弱」。
 兵庫県南東部も「震度5弱」。速報段階だと地域内の最大震度を発表するので、うちで大きく揺れてなくとも、大きな数字が出ることはあります。

 ネットを見ているとどうも高槻あたりが被害の大きな場所らしい。初期の情報はTVよりネットのほうが早い。
# ただし時間が経つとネットの方は玉石混交になって、整理された情報を伝える報道機関のほうが安心して受け取れます。

 今日はたまたま垂水区内に直行の仕事だったので鉄道のトラブルには遭遇しませんでした。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 神戸のできごと

2018年06月15日

iPhone交換

 機種変更ではなく、iPhoneSEからiPhoneSEへの交換です。
 丸2年使ってきたiPhoneSEですが、先日バッテリーの確認にショップに行った際に、ディスプレイが変形して浮き上がっているのを指摘されました。今は使えているけどそのうちタッチパネルの反応が悪くなることもある、ということで、思い切って交換することにしました。
 もちろん修理も効くしその方が安いのですが、修理は一週間ほどかかるのと、Applecare+に入っているので交換も7800円で済むこと。iPhoneSEに大きな不満はなく、このサイズの後継機はいつ出るか分からないので、使えるだけ使い倒すつもりです。

 同じ本体に中身だけ移す、といっても機械を移植するではなく、ショップで初期設定して30分もかからずに作業完了。あとは自宅のPCからバックアップデータをリカバリして終了です。

 ただ「しまった」と思ったのは、iTunesからの復元を行った場合、アプリまでは完全に書き戻さないのですね(設定次第?)。
 最初から入っているアプリ以外、ぜんぶダウンロードに行ってる。そうなると、App Storeで配信が終わってしまったアプリや、バージョンアップ時に再購入が必要になるアプリは使えなくなるのです。
 ふだん使っているアプリは問題なかったのですが、たま〜に使うアプリにいくつか使用不能になったものがあって、ちょっと残念。
 メンテ出来ないアプリをいつまでも使うのも問題なので、仕方のないことなのかもしれませんが。

 ところでiPhoneSEですが、私よく落とす傾向がありまして、今回はストラップホール付きのケースを購入しました。ガラケーの頃はストラップ使うのが普通でしたし、ちょっと懐かしい感じです。
posted by ふくだ at 23:45| Comment(0) | 雑記録